夢の直路(読み)ユメノタダジ

デジタル大辞泉の解説

夢(ゆめ)の直路(ただじ)

夢の中で通うまっすぐな道。夢の中では思う人のもとに行けるところからいう。
「恋ひわびてうち寝(ぬ)るなかに行き通ふ―はうつつならなむ」〈古今・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆめ【夢】 の 直路(ただじ)

夢の中で恋しい人のもとへ通ずるまっすぐの道。
※古今(905‐914)恋二・五五八「恋ひわびてうちぬるなかに行きかよふ夢のただぢはうつつならなむ〈藤原敏行〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android