コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢東際醒 むとうさいせいMeng-dong Ji-xing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夢東際醒
むとうさいせい
Meng-dong Ji-xing

[生]寛保1(1741)
[没]文化7(1810)
中国,清の僧。中観唯識の学に通じ,粋如純から臨済禅を学んだが,のちに浄土教に帰依した。念仏行者としての聞え高く,引退した紅螺山資福寺は,念仏の中心地となった。主著『夢東禅師遺集』『念仏伽陀』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夢東際醒
むとうさいせい
(1741―1810)

中国、清(しん)代の僧。号は夢東、字(あざな)は徹悟(てつご)、訥堂(とつどう)。豊潤(ほうじゅん)県(河北省)の生まれ。22歳で出家し、『円覚経(えんがくきょう)』をはじめ、法相(ほっそう)、法華(ほっけ)、楞厳(りょうごん)、金剛(こんごう)などの経論を学び、1768年(乾隆33)広通寺(こうつうじ)の如純(にょじゅん)に参じて法を嗣(つ)いだ。のち広通寺に住し、十万弥陀(みだ)の念仏を日課としたという。1792年覚生寺(かくしょうじ)に移って諸堂を建て、1800年(嘉慶5)紅螺山資福寺(こうらさんしふくじ)へ退居し、10年後に没した。法系は臨済(りんざい)宗に属するが、念仏禅のために浄土宗の僧ともされる。『徹悟禅師語録』3巻がある。[椎名宏雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夢東際醒の関連キーワード寛保ラ=ペルーズ堀江六之丞エリザベータ・ペトロブナ絵島・生島事件ヘンデルのメサイアウードン江島絵本番付岡康砧

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android