コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大フーガ

デジタル大辞泉プラスの解説

大フーガ

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(1825)。原題《Grosse Fuge》。ルドルフ大公献呈。元は弦楽四重奏曲第13番の終楽章として作曲され、後に独立して演奏されるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいフーガ【大フーガ】

《原題、〈ドイツ〉Große Fugeベートーベンの弦楽四重奏曲。変ロ長調。1825年から1826年にかけて作曲。ルドルフ大公に献呈。弦楽四重奏曲第13番の終楽章として作曲され、のちに独立して演奏されるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大フーガの関連キーワードネザーランド・ダンス・シアター

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大フーガの関連情報