コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴百世 おおともの ももよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴百世 おおともの-ももよ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)初期に大宰大監(だざいのだいげん)をつとめ,大伴旅人(たびと)・家持(やかもち)父子と親交をもつ。兵部少輔,美作守(みまさかのかみ)をへて,天平15年(743)筑紫鎮西府副将軍,のち豊前守(ぶぜんのかみ)となる。「万葉集」に短歌7首がみえる。名は百代ともかく。
【格言など】恋ひ死なむ時は何せむ生ける日のためこそ妹を見まく欲(ほ)りすれ(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android