コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家持(ち) イエモチ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐もち〔いへ‐〕【家持(ち)】

家屋を所有している人。屋敷持ち。
家族を養い、一家を構えている人。戸主
家計や所帯のやりくり。「家持ちがいい」
江戸時代屋敷持ちとして公役の権利・義務が与えられ、本来の意味で「町人」と呼ばれた者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

家持【いえもち】

日本近世の被支配身分のうち,百姓,町人,諸職人で家屋敷家屋と敷地)を所持し,そこに居住する戸主のこと。ほかに自分は他所に住み家屋敷を有する家主,敷地のみを有する地主,家屋敷を借りて居住する借家・店借(たながり),敷地のみを借りている地借(じがり)があった。
→関連項目自身番

家持【やかもち】

大伴家持

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いえもち【家持】

日本近世の被支配諸身分のうち,百姓,町人,諸職人の者で,家屋敷を所持し,そこに居住する戸主のこと。家屋敷は,イエの基礎となる家屋と,その敷地とからなるが,家持はこの両方を同時に所持している。これに対して,自分は他所に住み,家屋敷を有する者を家主,敷地のみを有する者を地主という。また,家屋敷の全部または一部を借りて居住する者を借家・店借(たながり),敷地を借りて家屋は自分で有する者を地借とよぶ。家屋敷の敷地部分は,田畑と同じように高請(たかうけ)地とされ,年貢や高にもとづく諸役(高役)が賦課される場合(在方に多い)と,高請地とされないか,または高請地となっても年貢や高役の両方か高役のみが免除される場合(町方に多い)とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家持
いえもち

江戸時代の町人階層の一つ。家持はその町に居住し、自宅および宅地を所有する者で、居付地主(いつきじぬし)(大坂では町内持)ともいった(そのほか大坂では他町持、他国持の区別がある)。また店借(たながり)人と違って、家持は町入用(ちょうにゅうよう)と称する町政の費用を負担した。したがって居付地主である家持は、町内でもっとも発言力をもち、はぶりをきかす者であったが、多くの家持は人を雇って代行させた。しかし場末の家持は代人をたてず、自分自身で直接に土地家屋を差配する者が多かった。初めは家持たちが五人組を組織したといわれているが、のちには代行者の家守(やもり)(大家(おおや))が五人組を組織するようになった。[南 和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の家持(ち)の言及

【裏店】より

…したがってこのような裏店が密集した地区の人口密度はかなり高かった。江戸の場合,地主が屋敷地内に住む(家持または居付地主と呼ばれた)ことは少なく,多くは家守(やもり)(大家,家主ともいう)が屋敷地内に住居を構え,地代・店賃徴収を代行し,また裏店住人の人別改め(戸籍調べ)や町触(法令)通達などを行い,棒手振(ぼてふり)などの小商人,大工・左官などの職人,そして日雇いなどと呼ばれた下層単純労働者など,裏店住人の事実上の支配者となっていた。長屋【玉井 哲雄】。…

【町入用】より

…(c)町域で発生した諸事件や訴訟の処理に関する諸経費。(d)町内の家持や借家人の変動に伴う諸収入。とくに家持の場合,土地買得時の分一(ぶいち),通過儀礼の各段階における振舞いなどがあった。…

【町人】より

…日本近世における被支配諸身分の中で,百姓や諸職人とともに最も主要な身分の一つ。その基本的性格としては,(1)さまざまな商業を営む商人資本であること,(2)都市における家持(いえもち)の地縁的共同体である町(ちよう)の住民であり,正規の構成員であること,(3)国家や領主権力に対して,町人身分としての固有の役負担を負うこと,などがあげられる。以下(1)~(3)について説明する。…

【町法】より

…町法度,町内式目,定法書などと呼ばれた。江戸時代の都市の住民としての商工業者のうち,社会的に正規の町人として存在していたのは,家屋敷を所持し,その家屋敷の広狭に応じて町奉行所や惣町の諸費用およびその町限りの町費を負担する家持に限られ,住民の大部分を占めた地借(じがり)・店借(たながり)は町人身分として認められていなかった。そして家持が他町・他国住の不在地主の場合は,家持の代理として家作を管理する家守(やもり)(大家)が準町人として,家持とともに町共同体の構成員となり,町政の自治的運営が行われた。…

【家守】より

…家主(やぬし∥いえぬし),屋代(やしろ),留守居(るすい),大家(おおや)などとも呼ばれた。日本の近世社会は,家屋敷の所持者である家持を本来の正規の構成員として成立していたが,なんらかの事由で家屋敷の主人が長期にわたって不在となる場合,不在中の主人に委嘱され,家屋敷の管理・維持にあたるのが,家守の基本的性格である。このような主人不在の家屋敷は,おもに都市域,なかでも江戸,大坂,京都や諸国の城下町において顕著に見られた。…

※「家持(ち)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家持(ち)の関連キーワード鳥取県鳥取市国府町庁河内百枝娘子大伴坂上大嬢巫部麻蘇娘子大伴坂上郎女安都扉娘子粟田女娘子山田君麻呂上毛野駿河留女之女郎『万葉集』内蔵縄麻呂店借り人初月の歌大伴千室土師道良置始長谷安努広島奈呉ノ浦藤原種継

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android