コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大光坊幸賢 だいこうぼう こうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大光坊幸賢 だいこうぼう-こうけん

?-? 戦国時代の能面師。
越前(えちぜん)(福井県)平泉寺の僧。同寺の僧であった三光坊(?-1532)に面打ちをまなんだとされる。仮面中作7人のひとりで,弟子の是閑(ぜかん)吉満は能面師の三大家系のひとつ大野出目(おおのでめ)家をおこした。大幸坊ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大光坊幸賢の関連キーワード大野出目家出目吉満出目家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android