三光坊(読み)さんこうぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三光坊 さんこうぼう

?-1532 戦国時代の能面師。
越前(えちぜん)(福井県)平泉寺の僧となり,のち比叡(ひえい)山にうつる。六作(一説には十作(じっさく))のひとりで,三光尉(じょう)という翁(おきな)面の作者とされる。江戸時代の能面師三大家系(越前出目(でめ)家,近江(おうみ)井関家,大野出目家)は,三光坊を祖としている。天文(てんぶん)元年死去。本名は千秋満広。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんこうぼう【三光坊】

中世の能面作家。生没年不詳。本名は千秋満広。朝倉氏の遺臣であったが越前平泉寺の僧となり,猿楽に興味をもって作面を手がけるようになったという。文明年中(1469‐87)の人とも,1532年(天文1)没とも伝えるが明確でない。能面の尉の一種である三光尉は彼の創作とされる。近世世襲能面作家の三大家系(越前出目家近江井関家,大野出目家)は彼を祖とするといってよく,十作の一人にかぞえる伝書もある。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんこうぼう【三光坊】

室町末期の能面作者。三光尉さんこうじようという老人面を作ったと伝える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android