コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面打ち ツラウチ

デジタル大辞泉の解説

つら‐うち【面打ち】

面当(つらあ)て」に同じ。
「嫁を憎んで去りし故、子は―に自害せし」〈浄・宵庚申

めん‐うち【面打ち】

面を打つこと。また、その人。特に、能面の作者。
素焼き銭形・面形(めんがた)などのめんこを用いて勝負する子供の遊び。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めんうち【面打ち】

能面作家に特有の呼称。能面を制作することを〈打つ〉という。これは世阿弥の《申楽談儀》に〈日光打〉とか〈文蔵打の本打也〉とあるように,中世末期からの慣用で,本来〈魂を打ち込む〉意をこめてのことともいわれている。そのころから現代まで,〈面打ち〉は〈面作者〉と同様に用いられているが,これは能・狂言面の作者に限った用語である。【田辺 三郎助】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つらうち【面打ち】

つらあて 」に同じ。 「嫁を憎んで去りし故、子は-に自害せしと/浄瑠璃・宵庚申

めんうち【面打ち】

仮面を作ること。また、その人。
能面の製作者。江戸時代に世襲となり、越前出目でめ家・近江井関家・大野出目家などが著名であった。
小児の遊戯の一。土焼きの銭形・面形めんがたなどを打ち合い争うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

面打ちの関連キーワード野村 万蔵(6代目)井関次郎右衛門般若(能面)出目助左衛門大光坊幸賢大野出目家近江井関家岩崎 狂雲大宮真盛小牛清光江戸時代井関家久感情移入井関親信製作者三光尉七つ面切返し小児出目

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面打ちの関連情報