コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大動脈バルーン法 だいどうみゃくバルーンほうintra-aortic balloon pumping; IABP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大動脈バルーン法
だいどうみゃくバルーンほう
intra-aortic balloon pumping; IABP

先端にバルーンを取付けたカテーテルを末梢動脈 (おもに大腿動脈) から胸大動脈に挿入して冠循環の改善をはかる治療法。心室拡張期にバルーンを加圧,膨張させて大動脈血流の流速と冠血流の増加をはかり,収縮期にはバルーンを脱圧,縮小させて,左心室の仕事量減少をはかる。心筋梗塞後の心原性ショック,心臓手術後の人工心肺からの離脱困難,あるいは重い低心拍出量症候群などを呈した症例に対して,左心機能の改善をはかるために用いられる。ただ,合併症として血栓形成や感染のおそれもあり,長期継続使用はできない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android