コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテーテル カテーテル catheter

翻訳|catheter

8件 の用語解説(カテーテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテーテル
カテーテル
catheter

医療器具。プラスチック,ゴム,金属などでつくられた細い管で,体腔 (胸腔,腹腔) や体内の器官 (胃,腸,尿道,膀胱,尿管,心臓,血管) などに挿入し,内容の排出,採取,薬液や造影剤の注入,圧力測定などのために用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カテーテル

血管や尿管などに挿入し、検査や治療を行うための医療用の管の総称。中は空洞で柔らかく、薬の点滴や体液の排出などに使われる。IABP(大動脈バルーンポンピング)バルーンカテーテルは、チューブの先にバルーンがついている。足の付け根から血管に挿入。心臓付近で収縮し、心筋梗塞狭心症で弱った心臓の働きを一時的に助ける。

(2009-07-12 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カテーテル(〈ドイツ〉Katheter)

体腔(たいこう)や尿道・膀胱(ぼうこう)などに挿入し、体液や尿を排出させたり薬液を注入したりする細い管状の医療器具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カテーテル

体腔の体液や消化器などの内容物の排出,薬物などの注入の目的に使用される管。ゴム製のものが多いが,金属・プラスチック製等もある。導尿,胃腸液採取,流動食注入,胃洗浄,酸素吸入時などに用いられる。
→関連項目カテーテルアブレーションクールナン血管造影検査消息子腎移植生体小腸移植尿閉バルーン療法腹膜透析膀胱鏡訪問看護ステーション

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

カテーテル

 組織や血管などに挿入して,液を送ったり液を採取したりする目的で用いる管.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カテーテル【Katheter[ドイツ]】

主として外科領域で用いられる医療器具の一つ。胸腔や腹腔などの体腔内,または気管,食道,胃,腸,胆道,腎臓,尿管,膀胱,血管などの内臓内に挿入し,その内容物を排除したり,あるいは薬剤を注入したりするための管の総称。用途により,太さ,長さ,材質(ゴム,金属,合成樹脂等)はさまざまである。【小野 美貴子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カテーテル【katheter】

体腔または胃・腸・膀胱などにたまった液体の排出や、薬品などの注入に用いる管。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カテーテル
かてーてる
Katheterドイツ語

体腔(たいくう)または器官の内容液を排出するために用いる管で、金属性のものや、ゴム、シリコン樹脂などでつくられた柔軟性のものがある。なお、液体ばかりでなく気体の排出にも使われるし、体内に薬物などを注入するためにも用いられる。
 カテーテルは使用目的によって形や太さが異なる。ガス(おなら)を排出する目的で肛門(こうもん)から入れるものは太く、胃液の採取や排出に用いるものは、うどんくらいの太さである。胆管カテーテルも、ほぼ同じくらいの太さである。また、血管内に造影剤や薬剤を注入する目的で用いるものは、目的に応じて先端が曲がっており、太さもいろいろある。
 導尿の目的で尿道に入れるものにも、いろいろくふうされたものがある。もっとも一般的なのは、ゴムやシリコン樹脂などでつくられた先端が鋭くないネラトン・カテーテルである。バルーンまたはフォーレイ・カテーテルは、長時間の留置を目的としているため、先端近くに風船状に膨らませる部分がつくられている。チーマン・カテーテルは、尿道前立腺(せん)部を容易に通過させるため、先端はやや硬質で上を向いている。このほか、止血用、女子用、小児用、洗浄用など各種のカテーテルがある。[河村信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカテーテルの言及

【心臓カテーテル法】より

…心機能や血行動態を知るための検査法の一つ。直径約1~3mmのダクロンで覆われた細い管(カテーテル)を心臓の各心腔内や大静脈,肺動脈,大動脈,冠動脈などに挿入し,心臓および血管系の形態や機能を直接的に観察しようとする方法。静脈あるいは動脈を切開し,そこからカテーテルを挿入するため,X線写真,心電図検査などを非観血的検査法と呼ぶのに対して,心臓カテーテル法を観血的検査法と呼ぶ。…

※「カテーテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カテーテルの関連キーワードカニューレ心臓カテーテル法ブジー樹医術者挿入句通気法バルーン血管内治療広島の乳がん対策

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カテーテルの関連情報