合併症(読み)がっぺいしょう

百科事典マイペディアの解説

合併症【がっぺいしょう】

ある病気の進行中,その病気に起因するか異なる原因によるかを問わず,その病気と無関係に発症する病気。たとえばインフルエンザ等のウイルス性の風邪肺炎が併発する時,肺炎を合併症という。一般に症状は重くなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がっぺい‐しょう ‥シャウ【合併症】

〘名〙 ある病気にかかっている時、それと関連して起こる他の病気や症状。余病。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がっぺい‐しょう〔‐シヤウ〕【合併症】

一つの病気にかかっているとき、それと関連して起こる別の病症。余病

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android