大口(読み)おおぐち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大口(衣服)
おおぐち

公家(くげ)の衣服の一種。大口の袴(はかま)の略。束帯(そくたい)の表袴(うえのはかま)の下にはく四幅(よの)仕立てのもの。指貫(さしぬき)のような裾口(すそぐち)をくくる袴に対して、裾口の大きい袴という意。この袴の腰(紐(ひも))は、一続きになっており、片わなに腰の右側で結ぶことが本来であったが、強装束(こわしょうぞく)の流行によって、表袴と同じ位置で腰紐を結ぶことが困難になり、大口は逆の左側となった。地質や色目は、夏冬の区別はなく、紅染めによる赤い色の平絹で製するが、宿老(しゅくろう)(老人)は、ときに白の平絹を用いることもあった。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大口の関連情報