コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大司農 ダイシノウ

大辞林 第三版の解説

だいしのう【大司農】

中国の官名。九卿の一。農政・造幣など国家財政をつかさどった。三国の魏からは司農と称し、明代まであった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大司農の言及

【九卿】より

…中国,秦・漢における三公の下に設けられた中2000石の大臣をいう。太常(祭祀をつかさどる),光禄勲(宮内諸殿の宿衛),衛尉(宮門および禁中の警備),太僕(天子の車馬),廷尉(大理ともいう,刑獄),大鴻臚(接待),宗正(皇族の事務),大司農(国家財政),少府(帝室の私的生活)の正卿を指す。九卿は九寺の長官として清朝までその名が見えるが,魏・晋以後は宮中での上席や高禄をあらわす実権が伴わない称号と化した。…

※「大司農」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大司農の関連キーワード均輸・平準法均輸法桑弘羊平準法谷永九寺少府農政造幣三国官名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android