中央政府(読み)チュウオウセイフ

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうせいふ【中央政府】

国家行政の中心機関。内閣の行政官庁や、連邦制国家における連邦政府をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうおう‐せいふ チュウアウ‥【中央政府】

〘名〙 全国に権限を及ぼすことのできる行政府
※日本教育策(1874‐75頃)〈森有礼編〉合衆国教育概略「中央政府の設立する所、〈略〉陸軍士官学校、及びアンナポリスの海軍兵学校あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中央政府の言及

【地方自治】より

…そして裁定をするのは誰か。もしもこれらが他団体の機関であるとき,ことにこの地域社会を包括する国(中央政府)の機関であるとき,自律は容易に安定しない。自治権の範囲は,中央政府の機関である国会,内閣,各省,裁判所などのそのときどきの恣意(しい)によって変動してしまうおそれがあるからである。…

※「中央政府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央政府の関連情報