コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九卿 きゅうけいJiu-qing; Chiu-ch`ing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九卿
きゅうけい
Jiu-qing; Chiu-ch`ing

中国,時代の三公に次ぐ重要な中央官制。秦では奉常 (礼儀や祭葬) ,郎中令 (宮殿関係) ,衛尉 (宮門警備) ,太僕 (たいぼく。車馬関係) ,廷尉 (司法) ,典客 (服属した周辺の民の支配) ,治粟内史 (ちぞくないし。国家財政) ,宗正 (そうせい。皇族の事務) ,少府 (帝室財政) をさし,漢では太常光禄勲 (こうろくくん) ,衛尉,太僕,廷尉,大鴻臚 (だいこうろ) ,大司農,宗正,少府となっている。周では三公六官と呼び,秦,漢以降でもその名称,職務,権限の変更はあったが,のちまで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐けい〔キウ‐〕【九×卿】

古代中国の九つの主要官職名。時代により名称が異なるが、代では、少師・少傅(しょうふ)・少保・冢宰(ちょうさい)・司徒司空司馬・司寇(しこう)・宗伯
公卿(くぎょう)の異称。
「重盛いやしくも―に列して三台にのぼる」〈平家・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうけい【九卿 jiǔ qīng】

中国,秦・漢における三公の下に設けられた中2000石の大臣をいう。太常(祭祀をつかさどる),光禄勲(宮内諸殿の宿衛),衛尉(宮門および禁中の警備),太僕(天子の車馬),廷尉(大理ともいう,刑獄),大鴻臚(接待),宗正(皇族の事務),大司農(国家財政),少府(帝室の私的生活)の正を指す。卿は九寺の長官として清朝までその名が見えるが,魏・晋以後は宮中での上席高禄をあらわす実権が伴わない称号と化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうけい【九卿】

中国の官名。三公に次ぐ九種の中央行政長官の総称。周代では少師・少傅しようふ・少保・冢宰ちようさい・司徒・司空・司馬・司寇しこう・宗伯。漢代では太常・光禄・衛尉・太僕・廷尉・鴻臚こうろ・宗正(皇族管理)・大司農・少府(帝室財政)。北斉の頃からその官庁を九寺と称した。
日本で、公卿くぎようの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九卿
きゅうけい

中国、丞相(じょうしょう)(宰相(さいしょう))のもとにあって、政務を分担執行する諸官庁(九寺(きゅうじ))の長官の総称。秦(しん)代に十二あったのが、漢代に九卿九寺に整理され、原則としてこの構成が明(みん)代まで受け継がれた。時代によって九寺の名称と職掌には差異があるが、漢代の九寺は、国家の儀式をつかさどる太常(たいじょう)、宮廷の護衛にあたる光禄勲(こうろくくん)、宮門を守護する衛尉(えいい)、皇族をつかさどる宗正(そうせい)、宮中の車馬器物を管理する太僕(たいぼく)、司法機関の廷尉(ていい)、外交を処理する大鴻臚(だいこうろ)、国家財政をつかさどる大司農(だいしのう)、帝室の財務を扱う少府(しょうふ)であり、唐代には太常、光禄、衛尉、宗正、太僕、大理、鴻臚、司農、大府の九寺があった。後漢(ごかん)から六朝(りくちょう)の時代にかけて、尚書の機構が発達し、六部(りくぶ)の行政機関が成立するにつれて、九寺の実権は失われていった。ちなみに唐代では、六部(りくぶ)の長官(尚書)はみな正三品であったのに対し、九卿は、太常卿の正三品を除き、すべて従(じゅ)三品であった。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の九卿の言及

【漢】より


[郡国制と中央集権体制の確立]
 劉邦(高祖)は前202年に皇帝の位につくと,秦の統治方式を踏襲して中央集権的な官僚制と郡県制を施行した。すなわち皇帝の下に行政・軍事・監察の最高責任者として丞相・太尉・御史大夫のいわゆる三公をおき,政務分担機関として太常(儀礼祭祀),光禄勲(宮殿警備),衛尉(宮門警備),太僕(車馬),廷尉(司法),大鴻臚(外交),宗正(宗室),大司農(国家財政),少府(帝室財政)の九卿(きゆうけい)(九寺)をおいて中央政府を構成した。いっぽう地方は大きく郡に分けられ,郡の下には県がおかれた。…

※「九卿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九卿の関連キーワード公卿・供饗・公饗三公九卿三省六部槐門棘路朱買臣官庁北斉官名尾形揚雄汲黯公卿青紫槐棘苟も竇固三輔九棘槐門三台

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android