大和きくな

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大和きくな[葉茎菜類]
やまときくな

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に奈良市大安寺町などで生産されている。室町時代末期頃に伝来したという。葉は切れ込みが深い中大葉で、肉厚でやわらか。みずみずしい緑色で、やわらかな香気をもつ。奈良県内で選抜されたこの種は、全国に広まる原型となった。鍋物すき焼き・おひたしなどに使われる。中村系春菊という別称もある。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android