コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和田重清日記 おおわだしげきよにっき

1件 の用語解説(大和田重清日記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおわだしげきよにっき【大和田重清日記】

佐竹氏家臣大和田近江重清の日記。文禄2年(1593)4月18日から12月29日までの1巻。表紙に〈第二〉とあり,現存は2冊目のみ。前半は文禄の役佐竹義宣に従った肥前名護屋での陣中生活,8月から閏9月の山陽道,東山道の帰国道中をはさみ,後半は常陸での生活を描く。当時の中級武士の目を通した在陣風景,交通事情,日常諸経費など生活状況を知る好史料。佐竹家旧蔵で写本は東大史料編纂所蔵。【加藤 益幹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大和田重清日記の関連キーワード日行近江猿楽岩城重隆(1)岩瀬与一太郎大和田荘七岡孝賀佐竹義篤(2)佐竹義久佐竹義遵竹田近江(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大和田重清日記の関連情報