コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和田重清日記 おおわだしげきよにっき

世界大百科事典 第2版の解説

おおわだしげきよにっき【大和田重清日記】

佐竹氏家臣大和田近江重清の日記。文禄2年(1593)4月18日から12月29日までの1巻。表紙に〈第二〉とあり,現存は2冊目のみ。前半は文禄の役で佐竹義宣に従った肥前名護屋での陣中生活,8月から閏9月の山陽道,東山道の帰国道中をはさみ,後半は常陸での生活を描く。当時の中級武士の目を通した在陣風景,交通事情,日常諸経費など生活状況を知る好史料。佐竹家旧蔵で写本は東大史料編纂所蔵。【加藤 益幹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大和田重清日記の関連キーワード佐竹

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android