コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和田重清日記 おおわだしげきよにっき

1件 の用語解説(大和田重清日記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおわだしげきよにっき【大和田重清日記】

佐竹氏家臣大和田近江重清の日記。文禄2年(1593)4月18日から12月29日までの1巻。表紙に〈第二〉とあり,現存は2冊目のみ。前半は文禄の役佐竹義宣に従った肥前名護屋での陣中生活,8月から閏9月の山陽道,東山道の帰国道中をはさみ,後半は常陸での生活を描く。当時の中級武士の目を通した在陣風景,交通事情,日常諸経費など生活状況を知る好史料。佐竹家旧蔵で写本は東大史料編纂所蔵。【加藤 益幹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大和田重清日記の関連情報