コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚看造 おおつか かんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚看造 おおつか-かんぞう

?-? 江戸時代後期の貝細工師。
文政3年(1820)江戸浅草の奥山(観音裏)で貝細工の見世物をだし,人気をえる。坂東三津五郎らからおくられた大幟(のぼり)を立てて旅興行し,着かざった娘に貝細工の花かんざしを売らせたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例