大宮智栄(読み)おおみや ちえい

美術人名辞典の解説

大宮智栄

浄土宗の僧。善光寺大本願法主。大宮以季の次女。堂宇の修理・再建を果たし、婦人の社会的地位向上や婦人への教化活動を行ない、社会教化活動に尽力書画和歌にも秀でる。仏教婦人救護会総裁・全日本仏教尼僧法団総裁。昭和59年(1984)寂、100才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大宮智栄 おおみや-ちえい

1885-1984 明治-昭和時代の尼僧。
明治18年6月1日生まれ。13歳で長野の善光寺に入山,得度。大正2年善光寺大本願法主(ほっす),善光寺上人,住職となる。台湾や長野県上山田町に別院をひらき善光寺信仰をひろめた。仏教婦人救護会総裁,全日本仏教尼僧法団総裁。昭和59年7月5日死去。99歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android