コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別院 ベツイン

デジタル大辞泉の解説

べつ‐いん〔‐ヰン〕【別院】

本山のほかに、本山に準じるものとして別の地域に設けられた寺院。
七堂伽藍(がらん)のほかに僧の住居として建てられた堂。
本寺ほかに別に建てられた本寺所属の支院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

べついん【別院】

元来,創建・宗派・寺地などを共にする寺院相互において,故あって一方の大寺を本寺・本山としてそれに属する寺をいう。後世の末寺の一種である。9世紀より天台・真言2宗の興隆流布とともに別院が派生した。例えば京都雲居(うんご)寺は地勢上あたかも八坂寺(法観寺)の別院のごとくで,民衆は八坂東院と呼んでいたことが《続日本後紀》《三代実録》にみえる。加賀国高雄山寺や伊勢国多度神宮寺(法雲寺)は真言宗別院となり,播磨国大道寺や清妙寺,陸奥国弘道寺,近江国延祥寺などが天台宗別院となり,滋野貞主(しげののさだぬし)創建の滋恩院が西寺の別院,奈良禅院寺が元興(がんごう)寺別院,伊豆大興寺が海印寺別院,新薬師寺は東大寺別院,多武峰(とうのみね)妙楽寺は無動寺別院となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

べついん【別院】

本寺・本山の支院として別の所に建てられた寺院。
七堂伽藍がらんとは別に、僧の住居として建てられた堂舎。
別屋べつおく」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

別院の関連キーワード大阪府大阪市中央区久太郎町愛知県名古屋市中区門前町滋賀県近江八幡市北元町大阪府堺市堺区神明町東大阪府富田林市富田林町大阪府大阪市中央区本町伊藤平左衛門(9代)奈良県大和高田市大谷岐阜県岐阜市西野町大阪府阪南市尾崎町和歌山県御坊市御坊岐阜県高山市鉄砲町大分県宇佐市四日市埼玉県川越市久保町滋賀県大津市中央滋賀県長浜市五村新潟県上越市国府富山県南砺市井波本願寺築地別院山科本願寺

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別院の関連情報