コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入山 ニュウザン

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐ざん〔ニフ‐〕【入山】

[名](スル)
山にはいること。「気象観測のために入山する」
僧が修行または住職となるために寺にはいること。「本寺に入山する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうざん【入山】

( 名 ) スル
登山のために山にはいること。
僧侶が修行のためや住職となるために寺にはいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入山の関連キーワード軽井沢町スキーツアーバス転落事故入山規制をめぐる首長の発言全国山火事予防運動白神山地の入山規制ゴーストフレンズ入山きゅうり霧に棲む悪魔幅広いんげんトレッキング碓氷バイパス入山菅むしろ順の峰入り入山メンパ草津メンパ逆の峰入り入山こね鉢苦行釈迦辻村伊助倉田百三天室宗竺

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入山の関連情報