入山(読み)にゅうざん

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐ざん ニフ‥【入山】

〘名〙
① 山にはいること。また特に、鉱山で作業のために現場にはいること。
② 釈迦が修行のために城を出て雪山にはいったこと。また、僧が修行または住職となるために寺にはいること。入寺。
※入唐求法巡礼行記(838‐847)三「文殊現者人身入山

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐ざん〔ニフ‐〕【入山】

[名](スル)
山にはいること。「気象観測のために入山する」
僧が修行または住職となるために寺にはいること。「本寺に入山する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android