入山(読み)にゅうざん

精選版 日本国語大辞典「入山」の解説

にゅう‐ざん ニフ‥【入山】

〘名〙
① 山にはいること。また特に、鉱山で作業のために現場にはいること。
釈迦が修行のために城を出て雪山にはいったこと。また、僧が修行または住職となるために寺にはいること。入寺。
入唐求法巡礼行記(838‐847)三「文殊現者人身入山

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入山」の解説

にゅう‐ざん〔ニフ‐〕【入山】

[名](スル)
山にはいること。「気象観測のために入山する」
僧が修行または住職となるために寺にはいること。「本寺入山する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「入山」の解説

【入山】にゆう(にふ)ざん

山林に隠居する。宰相に上(たてまつ)る書〕彼惟だ山に入るの深からず、に入るの密ならざるをる。其の消息)昧昧(まいまい)として、惟だ人に聞かれんことをるるなり。

字通「入」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android