コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡政寿 おおおか まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡政寿 おおおか-まさとし

?-? 江戸時代後期の装剣金工。
浜野派の中沢矩最(のりよし)に師事。大岡政隆(孝)の跡をつぎ大岡家3代となる。寛政12年(1800)名を正作とあらため,尾張(おわり)(愛知県)徳川家お抱えの彫物師となった。文久(1861-64)ごろ死去。通称は弥右衛門。号は遊壺亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大岡政寿の関連キーワード浜野派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android