コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正作 しょうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正作
しょうさく

中世,荘園公領における領主荘官地頭などの直営田の一形態。 (つくだ) と正作の区別は明瞭ではないが,『庭訓往来』も「佃御正作」と併称しており,正作は広義の佃のうちに含まれる。上田に設定され,手作りを原則としたが,のちには農民に請作,小作させるものが多い。用作ともいい,また「郷司正作」などの用例もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうさく【正作】

通説では,中世の荘園における領主の直営田である(つくだ)に対して,荘官・地頭らの手作り田を指すとされている。嘉禎4年(1238)10月19日の六波羅下知状に見える丹波国雀部荘の地頭大宅光信の例では〈地頭正作百姓を雇作する事,当庄一所の例に非ず,諸国傍例なり。召仕うの日,食物を下行(げぎよう)する事,もちろんなり〉とあって,正作は食料給付による労働(雇仕,雇作)によって経営される地頭手作り地のことと解される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

正作の関連キーワード支払用カード電磁的記録不正作出準備罪支払用カード電磁的記録不正作出等罪支払用カード電磁的記録不正作出罪電磁的記録不正作出及び供用罪銅クロロフィリンカリウム関税協力理事会品目表電磁的記録不正作出罪電磁的記録不正供用罪金城一国斎(初代)コンピューター犯罪並木正三(3代)並木正三(2代)修正プログラム八幡祭小望月賑パッチファイル水天宮利生深川松崎和多五郎10月28日リンゴの唄小野清一郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android