コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正作 しょうさく

2件 の用語解説(正作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正作
しょうさく

中世,荘園・公領における領主,荘官,地頭などの直営田の一形態。 (つくだ) と正作の区別は明瞭ではないが,『庭訓往来』も「佃御正作」と併称しており,正作は広義の佃のうちに含まれる。上田に設定され,手作りを原則としたが,のちには農民に請作,小作させるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうさく【正作】

通説では,中世の荘園における領主の直営田である(つくだ)に対して,荘官・地頭らの手作り田を指すとされている。嘉禎4年(1238)10月19日の六波羅下知状に見える丹波国雀部荘の地頭大宅光信の例では〈地頭正作百姓を雇作する事,当庄一所の例に非ず,諸国傍例なり。召仕うの日,食物を下行(げぎよう)する事,もちろんなり〉とあって,正作は食料給付による労働(雇仕,雇作)によって経営される地頭手作り地のことと解される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正作の関連キーワードグルントヘルシャフト本所領家正作田田文直務一円地交分代銭納

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正作の関連情報