コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭哲夫 おおば てつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭哲夫 おおば-てつお

1903-1979 昭和時代の官僚,経営者。
明治36年12月2日生まれ。昭和8年逓信省航空局にはいり,26年航空庁長官。27年日本航空にはいり,翌年常務。42年再建のため全日空にうつり,44年社長。ダグラスDC10導入計画がロッキード事件に発展し,1年で失脚。日本体育協会専務理事,43年メキシコ五輪の選手団団長もつとめた。昭和54年3月17日死去。75歳。香川県出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大庭哲夫の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android