コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失脚 シッキャク

デジタル大辞泉の解説

しっ‐きゃく【失脚】

[名](スル)
失敗したり陥れられたりして、地位や立場を失うこと。「失言がもとで大臣が失脚する」
《「脚」を金銭の意の「あし」に通わせて》かかった費用。失費。
「さのみ―もかからず」〈浮・古今堪忍記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっきゃく【失脚】

( 名 ) スル
〔足を踏みはずす意〕
地位や立場を失うこと。 「汚職が明るみに出て-する」 「政敵の-を謀る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

失脚の関連キーワードフェルディナンドEマルコスJ.M. ベラスコ・イバラアポロ・ミルトン オボテエスタード・ノーボS.M. アピチJ.B. バガザウガンダ人民会議ライプチヒの戦いY. ザイエンチャウシェスクエウリュクレスクロムウェルブルガーニンカラッチョロケレンスキーフェヌロン関東総奉行会議は踊るマレンコフ青木周蔵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失脚の関連情報