大弦急なれば小弦絶ゆ(読み)たいげんきゅうなればしょうげんたゆ

精選版 日本国語大辞典「大弦急なれば小弦絶ゆ」の解説

たいげん【大弦】 急(きゅう)なれば小弦(しょうげん)(た)

琵琶などのを張るのに、大弦を強くかければ小弦は切れてしまう。を治めるには寛容が大切で、あまりに過酷な政治を行なえば、民を疲れさせ国を滅ぼすもとになるばかりであるというたとえ。
古事談(1212‐15頃)一「大絃急時者小絃不堪」 〔後漢書‐陳寵伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android