コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大慶油田 タイケイユデン

4件 の用語解説(大慶油田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいけい‐ゆでん【大慶油田】

中国黒竜江省中南部にある大油田。建国10周年の1959年に発見されたのを記念して名づけられたもの。ターチン‐ユーティエン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大慶油田
だいけいゆでん

ターチン(大慶)油田」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大慶油田
たいけいゆでん / ターチンユーティエン

中国、黒竜江省ハルビンの西方にある世界屈指の大油田。1959年に発見され、1963年生産が開始された。当時の状勢下で自力更生スローガンを掲げ、中国独自の技術で開発が推進された。世界の大油田にほとんど例のない陸成層中に油層があり、重質油を産出する。[田中正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大慶油田の言及

【黒竜江[省]】より

…解放後ハルビンは本省の行政中心となるとともに,発電用タービンなどの重工業が発展し,またチチハルも輸送用機械等の工業が,牡丹江は製紙を主体として,いずれも近代的工業都市に成長し,大興安嶺北部から小興安嶺にかけては用材,パルプ材の生産が盛んとなり,伊春などに製材業の中心がある。地下資源では鶴崗,双鴨山,鶏西,七台河の炭鉱に加えて,1959年,安達市で大慶油田が発見され,中国最大の油田に成長した。79年,安達市は大慶市と改称された。…

【大慶】より

…浜洲鉄道(ハルビン~マンチュリー)に沿い,通譲線(通遼~譲湖路)が分岐,北京,撫順,大連までパイプラインが通じる。【河野 通博】
[大慶油田]
 ハルビンの北西約160km,チチハルの南東約120kmに位置し,20以上の油田で構成される油田群の総称。1959年に発見されたが,開発の成功は64年に初めて中国政府によって発表された。…

【李四光】より

…地質力学の創始者として有名である。1952年に新政府の下で地質部が置かれたが,彼はその部長となり,大慶油田の開発を推進した。58年に共産党に入党し,中央委員に選ばれた。…

※「大慶油田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大慶油田の関連情報