コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大慶油田 だいけいゆでん

3件 の用語解説(大慶油田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大慶油田
だいけいゆでん

「ターチン (大慶) 油田」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいけい‐ゆでん【大慶油田】

中国黒竜江省中南部にある大油田。建国10周年の1959年に発見されたのを記念して名づけられたもの。ターチン‐ユーティエン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大慶油田
たいけいゆでん / ターチンユーティエン

中国、黒竜江省ハルビンの西方にある世界屈指の大油田。1959年に発見され、1963年生産が開始された。当時の状勢下で自力更生スローガンを掲げ、中国独自の技術で開発が推進された。世界の大油田にほとんど例のない陸成層中に油層があり、重質油を産出する。[田中正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大慶油田の言及

【黒竜江[省]】より

…解放後ハルビンは本省の行政中心となるとともに,発電用タービンなどの重工業が発展し,またチチハルも輸送用機械等の工業が,牡丹江は製紙を主体として,いずれも近代的工業都市に成長し,大興安嶺北部から小興安嶺にかけては用材,パルプ材の生産が盛んとなり,伊春などに製材業の中心がある。地下資源では鶴崗,双鴨山,鶏西,七台河の炭鉱に加えて,1959年,安達市で大慶油田が発見され,中国最大の油田に成長した。79年,安達市は大慶市と改称された。…

【大慶】より

…浜洲鉄道(ハルビン~マンチュリー)に沿い,通譲線(通遼~譲湖路)が分岐,北京,撫順,大連までパイプラインが通じる。【河野 通博】
[大慶油田]
 ハルビンの北西約160km,チチハルの南東約120kmに位置し,20以上の油田で構成される油田群の総称。1959年に発見されたが,開発の成功は64年に初めて中国政府によって発表された。…

【李四光】より

…地質力学の創始者として有名である。1952年に新政府の下で地質部が置かれたが,彼はその部長となり,大慶油田の開発を推進した。58年に共産党に入党し,中央委員に選ばれた。…

※「大慶油田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大慶油田の関連キーワード愛琿条約黒竜江省黒竜江斉斉哈爾チュメニ油田哈爾賓愛輝黒竜江[省]福島県白河市大油田黒竜江城

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大慶油田の関連情報