コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大斗肘木 ダイトヒジキ

大辞林 第三版の解説

だいとひじき【大斗肘木】

社寺建築の斗栱の一形式。大斗の上に肘木を置き、これで直接丸桁がぎようを受けるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大斗肘木の言及

【建築組物】より

…斗と肘木との組合せ方によっていろいろの名称がある。柱上に肘木をおくだけのものを舟肘木,斗一つの上に肘木をおくものを大斗(だいと)肘木,その上に斗を三つおくものを三斗(みつど)組という。壁から直角に前方へ出たものを手先(てさき)の組物といい,三斗組で前方に肘木を出し,先に斗をのせたものを出三斗(でみつど),その先の斗の上に1組の斗と肘木をのせたものを出組(でぐみ)という。…

※「大斗肘木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大斗肘木の関連キーワード斗【きょう】社寺建築組物講堂

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android