コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸桁 ガギョウ

デジタル大辞泉の解説

が‐ぎょう〔グワギヤウ〕【桁】

《「がんぎょう」の音変化》垂木を支える桁(けた)で、最も軒先近くにあるもの。奈良時代には断面が円形の材が用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がぎょう【丸桁】

日本建築で、垂木たるきを支える軒桁。本来は円形の材を使ったが、のち、角材も使うようになった。がんぎょう。がんこう。

がんぎょう【丸桁】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の丸桁の言及

【社寺建築構造】より

…間斗束は束の上に斗がのったもので,その肩に装飾のあるものを簑束(みのづか)といい,束の左右にある蟇股状の装飾を笈形(おいがた)という。組物が出組以上になると,先端にある丸桁(がぎよう)と壁上の桁との間に,水平の軒天井(小天井ともいう)や斜めの支輪(しりん)を設けるものが多い。三手先以上では組物の間に斜めの尾垂木(おだるき)が入り,中世以降では二手先でも尾垂木を入れたものがある。…

※「丸桁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丸桁の関連キーワード出組み・出組日本建築枝外垂木大斗肘木磨き丸太三手先二手先軒桁出組

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android