コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大明湖公園 だいめいここうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいめいここうえん【大明湖公園】

中国の山東省省都済南(さいなん)の旧城北部にある公園。中心となる大明湖は、市内にある珍珠泉や芙蓉泉、王府池などの泉から湧き出る水が絶えず流入している。また、遊覧船で周遊でき、周辺一帯が公園となっている。湖畔には、李白杜甫が酒を酌み交わしながら詩を詠んだといわれる歴下亭や小滄浪亭など、宋代や明代、清代に創建された建築が残り、往時を偲ばせる。また、鉄公祠から見る千仏山の倒影(大明湖に映る千仏山)は見どころの一つといわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android