コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村一蔵 おおむら いちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村一蔵 おおむら-いちぞう

1884-1944 大正-昭和時代前期の地質学者。
明治17年2月15日生まれ。日本石油にはいり,油田開発に業績をのこす。のち帝国石油副総裁となり,昭和13年日本石油技術協会会長。日本古生物学会,日本地質学会の会長もつとめた。昭和19年1月29日死去。61歳。東京帝大卒。著作に「石油地質学通論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大村一蔵の関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)[各個指定]工芸技術部門鶴沢道八(1世)カミュスタージェスもの派レジスタンス文学スラプスティック・コメディ中国白書ギリシア民族解放戦線・人民解放軍

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android