コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村徳敏 おおむら のりとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村徳敏 おおむら-のりとし

1876-1923 明治-大正時代の実業家。
明治9年4月5日生まれ。毛利元徳(もとのり)の子。明治35年大村家(益次郎の縁戚)の養子となる。金田鉱業の取締役をつとめるかたわら毛利時習舎長,福田会理事長として育英事業,社会事業にもつくした。大正12年3月24日死去。48歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大村徳敏の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助おもなお雇い外国人村田実リットンアトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone