コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利元徳 もうり もとのり

3件 の用語解説(毛利元徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利元徳 もうり-もとのり

1839-1896 明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)10年9月22日生まれ。毛利広鎮(ひろしげ)の10男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利敬親(たかちか)の養子となり,藩主の名代として尊攘(そんじょう)運動に従事。明治2年家督をついで周防山口藩主毛利家2代(14代萩藩主)となった。のち公爵,貴族院議員。明治29年12月23日死去。58歳。初名は広封。諡(おくりな)は忠愛公。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利元徳

没年:明治29.12.23(1896)
生年:天保10.9.22(1839.10.28)
明治維新期の長州(萩)藩の世子。名は定広,広封,元徳。通称は,驥尉,長門守。支藩徳山藩主毛利広鎮の10男として生まれ,安政1(1854)年本藩の世子となり,定広と改名。文久2(1862)年尊攘の藩是によって京都で活動し,同3年下関の外国艦を砲撃した。元治1(1864)年上京中,禁門の変での藩の敗報を聞いた。慶応3(1867)年討幕のために島津忠義と会見,王政復古後,議定に任じた。明治2(1869)年家督を相続,版籍奉還により,山口藩知事となる。のち第十五国立銀行の頭取,取締役,また貴族院議員になる。諡は忠愛。

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もうりもとのり【毛利元徳】

1839‐96(天保10‐明治29)
長州藩世子,山口藩知事。支藩徳山藩に生まれ長州藩主毛利敬親の養子となる。騄尉,広封,定広と名のり,長門守を称した。諡(おくりな)は忠愛公。幕末政争に敬親とともに活躍し,1864年(元治1)の禁門の変に兵を率いて上京したが,敗戦を聞いて途中から帰国した。68年(明治1)新政府の議定となり,翌年家督を継いで山口藩知事となり,第十五銀行頭取なども務めた。【井上 勝生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛利元徳の関連キーワード奇兵隊宍戸左馬之介藩閥政治維新維新の三傑祭主藩閥世子熊谷五一田中彰

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone