コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森実 おおもり みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森実 おおもり-みのる

1922-2010 昭和後期-平成時代のジャーナリスト。
大正11年1月13日生まれ。昭和20年毎日新聞大阪本社に入社。ニューヨーク支局長,ワシントン支局長をへて,37年外信部長。ベトナム戦争報道「泥と炎のインドシナ」の記事が駐日アメリカ大使から抗議をうけ,41年退社。42年「東京オブザーバー」紙を創刊したが,45年廃刊。のちアメリカにすんで活動。平成22年3月26日死去。88歳。兵庫県出身。神戸高商卒。著作に「国際事件記者」「戦後秘史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大森実
おおもりみのる
(1922―2010)

国際問題ジャーナリスト。大正11年1月13日生まれ。岡山県出身。神戸高等商業学校卒業後、日本窒素に就職したが退社。1945年(昭和20)8月毎日新聞大阪本社に入社。のち東京本社外信部へ移り、ニューヨーク、ワシントン各支局長を経て、1962年東京本社外信部長となる。ベトナム戦争激化とともに国際報道合戦に単身乗り出し、北爆下のハノイ一番乗りを敢行した。このとき送稿した連載「泥と炎のインドシナ」の記事についてライシャワー駐日アメリカ大使から抗議を受け、これが元で結局1966年1月退社した。大森国際問題研究所を設立後、1967年2月週刊『東京オブザーバー』紙を創刊したが1970年3月廃刊。以後は、フリーの国際事件記者として週刊誌、テレビなどで活躍。のちにカリフォルニア州に在住し、UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)の常任理事を務めた。[高須正郎・伊藤高史]
『大森実著『戦後秘史』全10巻(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大森実の言及

【言論統制】より

…またベトナム戦争の過程では,ベトナム戦争批判につながるテレビ番組(例えば日本テレビの〈ベトナム海兵大隊戦記〉。1965)や新聞記事(例えば《毎日新聞》大森実記者のハノイ通信。1965)に国の内外からさまざまな圧力が加えられた。…

※「大森実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大森実の関連キーワードデュポン(化学会社)ロックフェラー財閥九月三〇日事件伊藤高史

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大森実の関連情報