コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森実 おおもり みのる

2件 の用語解説(大森実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森実 おおもり-みのる

1922-2010 昭和後期-平成時代のジャーナリスト。
大正11年1月13日生まれ。昭和20年毎日新聞大阪本社に入社。ニューヨーク支局長,ワシントン支局長をへて,37年外信部長。ベトナム戦争報道「泥と炎のインドシナ」の記事が駐日アメリカ大使から抗議をうけ,41年退社。42年「東京オブザーバー」紙を創刊したが,45年廃刊。のちアメリカにすんで活動。平成22年3月26日死去。88歳。兵庫県出身。神戸高商卒。著作に「国際事件記者」「戦後秘史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大森実
おおもりみのる
(1922―2010)

国際問題ジャーナリスト。大正11年1月13日生まれ。岡山県出身。神戸高等商業学校卒業後、日本窒素に就職したが退社。1945年(昭和20)8月毎日新聞大阪本社に入社。のち東京本社外信部へ移り、ニューヨーク、ワシントン各支局長を経て、1962年東京本社外信部長となる。ベトナム戦争激化とともに国際報道合戦に単身乗り出し、北爆下のハノイ一番乗りを敢行した。このとき送稿した連載「泥と炎のインドシナ」の記事についてライシャワー駐日アメリカ大使から抗議を受け、これが元で結局1966年1月退社した。大森国際問題研究所を設立後、1967年2月週刊『東京オブザーバー』紙を創刊したが1970年3月廃刊。以後は、フリーの国際事件記者として週刊誌、テレビなどで活躍。のちにカリフォルニア州に在住し、UCIカリフォルニア大学アーバイン校)の常任理事を務めた。[高須正郎・伊藤高史]
『大森実著『戦後秘史』全10巻(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大森実の言及

【言論統制】より

…またベトナム戦争の過程では,ベトナム戦争批判につながるテレビ番組(例えば日本テレビの〈ベトナム海兵大隊戦記〉。1965)や新聞記事(例えば《毎日新聞》大森実記者のハノイ通信。1965)に国の内外からさまざまな圧力が加えられた。…

※「大森実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大森実の関連キーワード森毅石田武磯村英樹伊藤ていじ入沢宏内田健三梶木剛栗原蘆水桜井清彦辻隆

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大森実の関連情報