コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森英秀 おおもり てるひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森英秀 おおもり-てるひで

1730-1798 江戸時代中期-後期の装剣金工。
享保(きょうほう)15年生まれ。大森英昌(てるまさ)の甥(おい)。英昌に師事し,のち養子となり大森派3代をつぐ。浪頭を鋤(すき)下彫りで立体的にみせる大森浪とよばれる独特の彫りや,金梨子地(なしじ)象眼などの彫法を考案した。寛政10年4月死去。69歳。江戸出身。通称は喜惣次。号は一濤斎,竜雨斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大森英秀の関連キーワード堀江興成遅塚久則大森英満大森秀永草刈秀富享保

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android