コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森英秀 おおもり てるひで

1件 の用語解説(大森英秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森英秀 おおもり-てるひで

1730-1798 江戸時代中期-後期の装剣金工。
享保(きょうほう)15年生まれ。大森英昌(てるまさ)の甥(おい)。英昌に師事し,のち養子となり大森派3代をつぐ。浪頭を鋤(すき)下彫りで立体的にみせる大森浪とよばれる独特の彫りや,金梨子地(なしじ)象眼などの彫法を考案した。寛政10年4月死去。69歳。江戸出身。通称は喜惣次。号は一濤斎,竜雨斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大森英秀の関連キーワード安部信富大久保彦国岸貞江北見山奴釈氏定規立花鑑通千柄菊旦徳純吉成宝馬柳枝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone