コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀野川 あがのがわ

7件 の用語解説(阿賀野川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿賀野川
あがのがわ

福島県西部から新潟県中北部を流れて日本海へ注ぐ川。全長 210km。福島県西部を北流する大川は,会津盆地猪苗代湖を源とする日橋川を合わせて西流,さらに尾瀬沼を源とする只見川と合流して阿賀川となり,新潟県へ入って阿賀野川となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あがの‐がわ〔‐がは〕【阿賀野川】

福島・新潟の両県にまたがって流れる川。猪苗代(いなわしろ)湖に源を発する日橋(にっぱし)川と尾瀬沼に発する只見(ただみ)川とが合流し、新潟市東部で日本海に注ぐ。長さ210キロ。発電所が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿賀野川【あがのがわ】

福島県西部から新潟県北部を流れる川。長さ210km,流域面積7710km2。会津盆地周辺の水を集め,山都(やまと)付近で只見川を合わせ,越後山脈に横谷を刻み,数段の段丘をつくって先行性流路を示す。
→関連項目会津盆地秋葉[区]飯豊山越後山脈越後平野尾瀬ヶ原鹿瀬[町]北[区]江南[区]下郷[町]帝釈山脈田島[町]津川[町]新潟[県]新潟水俣病西会津[町]沼垂東[区]福島[県]安田[町]山都[町]横越[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あがのがわ【阿賀野川】

福島県西部から新潟県北部を流れる川。幹川流路延長210km,全流域面積7710km2。河川法では福島県南部にある帝釈山地の荒海山(1580m)に発する源から新潟市で日本海に注ぐまでを阿賀野川というが,一般的には福島県内の上流部を大川,日橋(につぱし)川との合流点から新潟県境までを阿賀川,新潟県に入ってからを阿賀野川という。荒海山に源を発する大川は北流して会津盆地に至り,猪苗代湖に発した日橋川を合わせて阿賀川となり,西流して喜多方市山科で越後山脈に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あがのがわ【阿賀野川】

福島県西部から、新潟県北部を流れる川。新潟市北方で日本海に注ぐ。長さ210キロメートル。上流は会津盆地で合する日橋につぱし川と只見川。山地では曲流して渓谷美をなし、流域に電源地帯を形成する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(新潟県)〕阿賀野川(あがのがわ)


福島県南西部から新潟県中部を流れる川。1級河川(阿賀野川水系)。延長210km。流域面積7710km2。福島県内では阿賀(あが)川とよばれる。河川法上は源流から日橋(にっぱし)川合流点までの大(おお)川を含む。帝釈(たいしゃく)山脈の荒海(あらかい)山(標高1581m)に源を発し、北流して会津(あいづ)盆地で日橋川・只見(ただみ)川と合流、北西流して新潟県に入り、阿賀野川となって越後(えちご)平野を流れ、新潟市東部で日本海に注ぐ。水量豊富で落差が大きいため、本流の鹿瀬(かのせ)ダム、揚川(あげがわ)ダムをはじめ支流にも発電所が多く、日本有数の電源地帯をなす。下流域は日本の代表的な穀倉地帯で灌漑(かんがい)に利用される。1965年(昭和40)下流域で有機水銀によるいわゆる「新潟水俣(みなまた)病」の公害問題が発生した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿賀野川
あがのがわ

新潟県中央部、福島県境から津川(つがわ)盆地を通って、新潟市北区松浜で日本海に注ぎ、越後平野を東西に二分する川。一級河川。上流は会津盆地の猪苗代(いなわしろ)湖に源を発する日橋(にっぱし)川と、尾瀬(おぜ)沼に発する只見(ただみ)川が合流し、阿賀川とよばれ、新潟県(東蒲原(ひがしかんばら)郡阿賀町)に入ると阿賀野川とよぶ。延長210キロメートル、流域面積7710平方キロメートル。上流県境は先行性蛇行による峡谷美が名物で、実川(さねかわ)、常浪(とこなみ)川、新谷(あらや)川などの支流をあわせ、谷口では早出(はいで)川が合流して蛇行地形を特色とする広大な谷口扇状地が広がる。河口は蒲原砂丘に阻まれて、かつては信濃(しなの)川と河口をともにしていた。現在の河口は1730年(享保15)に新発田(しばた)藩によって掘られた松ヶ崎分水である。江戸時代は津川湊(みなと)から新潟湊まで舟運の便が開け、「津川船道(ふなどう)」とよばれ、会津藩への物資輸送の動脈をなしていた。なお、信濃川に通ずる小阿賀野川は、1738年(元文3)舟運の便のために掘られた人工河川である。大正末期から電源開発が盛んとなり、上流峡谷部に鹿瀬(かのせ)、角神(つのがみ)の二大ダムができ、さらに第二次世界大戦後はその下流に揚川(あげかわ)ダムが建設されて、津川湖などの人造湖が連続する。峡谷美と、多くの観光名所をもち県立自然公園に指定され、阿賀野川ラインとよばれる大観光地になっている。沿岸は、峡谷をトンネルと鉄橋で抜けるJR磐越西線(ばんえつさいせん)と国道49号、磐越自動車道の近代交通路が完備し、咲花(さきはな)、麒麟山(きりんざん)、角神の温泉場や、麒麟山城跡、平等(びょうどう)寺薬師堂、護徳(ごとく)寺観音堂などの名所旧跡も多く、春の新緑、秋の紅葉期にはハイキング客でにぎわい、阿賀野川ライン下りの船旅もできる。豊実(とよみ)、角神、揚川の三大発電所では年間16万キロワット時の発電力があり、かつては鹿瀬に昭和電工の大化学肥料工場があったが、新潟水俣(みなまた)病裁判で敗訴し(1971)衰微した。谷口の小松で取水される新江(しんえ)用水は蒲原(かんばら)平野の3万ヘクタールの水田を灌漑(かんがい)している。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿賀野川の関連キーワード磐井川思川烏川猿ヶ石川関川只見川吉田川留萌川小瀬川姿川

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿賀野川の関連情報