コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀野川 あがのがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿賀野川
あがのがわ

福島県西部から新潟県中部を流れて日本海へ注ぐ川。全長 210km。福島県西部を北流する大川は,会津盆地猪苗代湖を源とする日橋川を合わせて西流,さらに尾瀬沼を源とする只見川と合流して阿賀川となり,新潟県へ入って阿賀野川となる。西流して越後山脈を先行性河川として横断。数段の河岸段丘がみられるこの部分は,阿賀野川ラインと呼ばれる美しい渓谷をつくり,阿賀野川ライン県立自然公園に属する。山地を離れた川は信濃川とともに,新潟平野を形成して日本海に注ぐ。かつては信濃川と河口を同じくしていたが,享保 15 (1730) 年砂丘後背地の干拓に伴い,松ヶ崎分水を掘ってから現在の河口になった。会津藩の物資輸送のため元文3 (1738) 年分流する小阿賀野川の改修が行なわれ,信濃川との連絡ができた。上流部は電源地帯として,木曾川,信濃川に次ぐ包蔵水力を有している。第2次世界大戦後は総合開発地域に指定され,電源開発を中心に工事が進められ,只見川上流の田子倉ダム奥只見ダムをはじめとする多くの発電所が設けられた。 1961年には谷口にあたる安田町小松に「阿賀野川頭首工 (とうしゅこう。取水装置) 」が設けられ,新潟平野北部地帯の灌漑用水に使用されている。なお,1964~65年頃から阿賀野川下流沿岸で有機水銀中毒による新潟水俣病 (→阿賀野川水銀事件 ) が顕在化し,1971年裁判判決によって,患者側が昭和電工に勝訴した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あがの‐がわ〔‐がは〕【阿賀野川】

福島・新潟の両県にまたがって流れる川。猪苗代(いなわしろ)湖に源を発する日橋(にっぱし)川と尾瀬沼に発する只見(ただみ)川とが合流し、新潟市東部で日本海に注ぐ。長さ210キロ。発電所が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阿賀野川【あがのがわ】

福島県西部から新潟県北部を流れる川。長さ210km,流域面積7710km2。会津盆地周辺の水を集め,山都(やまと)付近で只見川を合わせ,越後山脈に横谷を刻み,数段の段丘をつくって先行性流路を示す。
→関連項目会津盆地秋葉[区]飯豊山越後山脈越後平野尾瀬ヶ原鹿瀬[町]北[区]江南[区]下郷[町]帝釈山脈田島[町]津川[町]新潟[県]新潟水俣病西会津[町]沼垂東[区]福島[県]安田[町]山都[町]横越[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あがのがわ【阿賀野川】

福島県西部から新潟県北部を流れる川。幹川流路延長210km,全流域面積7710km2。河川法では福島県南部にある帝釈山地の荒海山(1580m)に発する源から新潟市で日本海に注ぐまでを阿賀野川というが,一般的には福島県内の上流部を大川,日橋(につぱし)川との合流点から新潟県境までを阿賀川,新潟県に入ってからを阿賀野川という。荒海山に源を発する大川は北流して会津盆地に至り,猪苗代湖に発した日橋川を合わせて阿賀川となり,西流して喜多方市山科で越後山脈に入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あがのがわ【阿賀野川】

福島県西部から、新潟県北部を流れる川。新潟市北方で日本海に注ぐ。長さ210キロメートル。上流は会津盆地で合する日橋につぱし川と只見川。山地では曲流して渓谷美をなし、流域に電源地帯を形成する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(新潟県)〕阿賀野川(あがのがわ)


福島県南西部から新潟県中部を流れる川。1級河川(阿賀野川水系)。延長210km。流域面積7710km2。福島県内では阿賀(あが)川とよばれる。河川法上は源流から日橋(にっぱし)川合流点までの大(おお)川を含む。帝釈(たいしゃく)山脈の荒海(あらかい)山(標高1581m)に源を発し、北流して会津(あいづ)盆地で日橋川・只見(ただみ)川と合流、北西流して新潟県に入り、阿賀野川となって越後(えちご)平野を流れ、新潟市東部で日本海に注ぐ。水量豊富で落差が大きいため、本流の鹿瀬(かのせ)ダム、揚川(あげがわ)ダムをはじめ支流にも発電所が多く、日本有数の電源地帯をなす。下流域は日本の代表的な穀倉地帯で灌漑(かんがい)に利用される。1965年(昭和40)下流域で有機水銀によるいわゆる「新潟水俣(みなまた)病」の公害問題が発生した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿賀野川
あがのがわ

新潟県中央部、福島県境から津川(つがわ)盆地を通って、新潟市北区松浜で日本海に注ぎ、越後平野を東西に二分する川。一級河川。上流は会津盆地の猪苗代(いなわしろ)湖に源を発する日橋(にっぱし)川と、尾瀬(おぜ)沼に発する只見(ただみ)川が合流し、阿賀川とよばれ、新潟県(東蒲原(ひがしかんばら)郡阿賀町)に入ると阿賀野川とよぶ。延長210キロメートル、流域面積7710平方キロメートル。上流県境は先行性蛇行による峡谷美が名物で、実川(さねかわ)、常浪(とこなみ)川、新谷(あらや)川などの支流をあわせ、谷口では早出(はいで)川が合流して蛇行地形を特色とする広大な谷口扇状地が広がる。河口は蒲原砂丘に阻まれて、かつては信濃(しなの)川と河口をともにしていた。現在の河口は1730年(享保15)に新発田(しばた)藩によって掘られた松ヶ崎分水である。江戸時代は津川湊(みなと)から新潟湊まで舟運の便が開け、「津川船道(ふなどう)」とよばれ、会津藩への物資輸送の動脈をなしていた。なお、信濃川に通ずる小阿賀野川は、1738年(元文3)舟運の便のために掘られた人工河川である。大正末期から電源開発が盛んとなり、上流峡谷部に鹿瀬(かのせ)、角神(つのがみ)の二大ダムができ、さらに第二次世界大戦後はその下流に揚川(あげかわ)ダムが建設されて、津川湖などの人造湖が連続する。峡谷美と、多くの観光名所をもち県立自然公園に指定され、阿賀野川ラインとよばれる大観光地になっている。沿岸は、峡谷をトンネルと鉄橋で抜けるJR磐越西線(ばんえつさいせん)と国道49号、磐越自動車道の近代交通路が完備し、咲花(さきはな)、麒麟山(きりんざん)、角神の温泉場や、麒麟山城跡、平等(びょうどう)寺薬師堂、護徳(ごとく)寺観音堂などの名所旧跡も多く、春の新緑、秋の紅葉期にはハイキング客でにぎわい、阿賀野川ライン下りの船旅もできる。豊実(とよみ)、角神、揚川の三大発電所では年間16万キロワット時の発電力があり、かつては鹿瀬に昭和電工の大化学肥料工場があったが、新潟水俣(みなまた)病裁判で敗訴し(1971)衰微した。谷口の小松で取水される新江(しんえ)用水は蒲原(かんばら)平野の3万ヘクタールの水田を灌漑(かんがい)している。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿賀野川の関連キーワード県立環境と人間のふれあい館新潟県東蒲原郡阿賀町石間新潟県東蒲原郡阿賀町咲花温泉水中花火大会阿賀野川ライン舟下り京ヶ瀬[村]東新潟ガス田阿賀野[市]西会津[町]京ヶ瀬〈村〉三川〈村〉津川〈町〉安田[町]秋葉[区]山都[町]阿賀[町]新潟[市]五泉[市]下郷[町]越乃幻の酒

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿賀野川の関連情報