大沼だんご

デジタル大辞泉プラスの解説

大沼だんご

北海道亀田郡七飯町の和菓子店、の家が製造・販売する銘菓胡麻、正油などをつけて食べる一口サイズの新粉の団子。1905年発売。大沼公園の観光土産菓子として有名。で大沼湖、小沼湖を表現し、に刺さない団子を湖面浮島に見立てている。「元祖 大沼だんご」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android