コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沼だんご

デジタル大辞泉プラスの解説

大沼だんご

北海道亀田郡七飯町の和菓子店、沼の家が製造・販売する銘菓。餡、胡麻、正油などをつけて食べる一口サイズの新粉団子。1905年発売。大沼公園の観光土産菓子として有名。折で大沼湖、小沼湖を表現し、串に刺さない団子を湖面の浮島に見立てている。「元祖 大沼だんご」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大沼だんごの関連キーワード北海道亀田郡七飯町

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android