コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沼だんご

1件 の用語解説(大沼だんごの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大沼だんご

北海道亀田郡七飯町、沼の家が製造・販売する銘菓。餡、胡麻、正油などをつけて食べる一口サイズの団子。折で大沼湖、小沼湖を表現し、串に刺さない団子を湖面の浮島に見立てている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大沼だんごの関連キーワード北海道亀田郡七飯町大川北海道亀田郡七飯町桜町北海道亀田郡七飯町鶴野北海道亀田郡七飯町峠下北海道亀田郡七飯町豊田北海道亀田郡七飯町中島北海道亀田郡七飯町中野北海道亀田郡七飯町仁山北海道亀田郡七飯町藤城北海道亀田郡七飯町本町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大沼だんごの関連情報