コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漁唄い込み

2件 の用語解説(大漁唄い込みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大漁唄い込み

宮城県の民謡。同県の民謡『ドヤ節』『斎太郎(さいたら)節』『遠島(としま)甚句』をメドレーにした組唄。いずれも漁師たちに歌われる舟唄であるため、この名が付いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいりょううたいこみ【大漁唄い込み】

宮城県の民謡。1925年(大正14)頃、後藤桃水が組唄としてまとめた大漁祝い唄。祝詞のりと風の「どや節」、「斎太郎節」、酒盛り唄「遠島甚句とおしまじんく」の三曲から成る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大漁唄い込みの関連情報