大漁唄い込み

大辞林 第三版の解説

たいりょううたいこみ【大漁唄い込み】

宮城県の民謡。1925年(大正14)頃、後藤桃水が組唄としてまとめた大漁祝い唄。祝詞のりと風の「どや節」、「斎太郎節」、酒盛り唄「遠島甚句とおしまじんく」の三曲から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android