コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漁唄い込み

デジタル大辞泉プラスの解説

大漁唄い込み

宮城県の民謡。同県の民謡『ドヤ節』『斎太郎(さいたら)節』『遠島(としま)甚句』をメドレーにした組唄。いずれも漁師たちに歌われる舟唄であるため、この名が付いた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいりょううたいこみ【大漁唄い込み】

宮城県の民謡。1925年(大正14)頃、後藤桃水が組唄としてまとめた大漁祝い唄。祝詞のりと風の「どや節」、「斎太郎節」、酒盛り唄「遠島甚句とおしまじんく」の三曲から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大漁唄い込みの関連キーワード赤間 森水我妻 桃也酒盛り唄後藤桃水遠島甚句斎太郎節大漁唄大漁節三曲

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android