コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漁唄い込み

2件 の用語解説(大漁唄い込みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大漁唄い込み

宮城県の民謡。同県の民謡『ドヤ節』『斎太郎(さいたら)節』『遠島(としま)甚句』をメドレーにした組唄。いずれも漁師たちに歌われる舟唄であるため、この名が付いた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいりょううたいこみ【大漁唄い込み】

宮城県の民謡。1925年(大正14)頃、後藤桃水が組唄としてまとめた大漁祝い唄。祝詞のりと風の「どや節」、「斎太郎節」、酒盛り唄「遠島甚句とおしまじんく」の三曲から成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大漁唄い込みの関連キーワード宮城県宮城郡松島町磯崎宮城県宮城郡利府町加瀬宮城県仙台市宮城野区五輪宮城県宮城郡利府町菅谷宮城県宮城郡松島町高城宮城県仙台市宮城野区榴ケ岡宮城県宮城郡松島町手樽宮城県宮城郡松島町幡谷宮城県宮城郡利府町利府宮城県石巻市渡波

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大漁唄い込みの関連情報