コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟唄 ふなうた

4件 の用語解説(舟唄の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

舟唄【ふなうた】

バルカロールbarcarolleとも。ゴンドラ船頭の歌。音楽作品としては,波と船が揺れる気分を表す6/8拍子の曲。オッフェンバックオペラホフマン物語》の中のホフマンの舟唄や,ショパンピアノ曲などが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなうた【舟唄 barcarol(l)e】

バルカロールともいう。ベネチアのゴンドラの船頭が舟をこぎながら歌った歌,あるいはそれを模した声楽曲,器楽曲を指し,〈ゴンドラの歌gondoliera〉(イタリア語)とも呼ばれる規則正しい櫂の動きと舟のゆるやかな揺れから6/8拍子の静かなリズムが生まれ,好んで短調をとる哀愁を帯びた旋律とともに舟唄の性格を決定づけた。舟唄は視覚的な連想を伴うものとして芸術音楽に取り入れられた。イタリアや水にちなんだオペラの場面や,歌曲(C.M.vonウェーバー《オベロン》ベルディオテロ》,オッフェンバック《ホフマン物語》,シューベルトの歌曲《水の上にて歌う》)ばかりでなく,《ベネチアの舟唄》と題する曲をメンデルスゾーン《無言歌》中に3曲書いて以来,ピアノのための性格的小品の一種としてとくに好まれるようになった(ショパン,リスト,そしてフォーレの13曲がとくに有名)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舟唄
ふなうた

日本民謡の分類上、仕事唄のなかの1種目。和船を櫓(ろ)や櫂(かい)で漕(こ)ぐおりの唄の総称で、海と河川の2種類がある。海のものは「櫓囃子(ばやし)」などとよばれて掛け声だけを繰り返すことで、櫂先をそろえる一方、海上での交通信号のかわりにもしていた。また河川の場合は、上り船や河口近くで潮があげてきて、船に綱をつけて岸に沿って引く場合に歌う、掛け声だけの木遣(きやり)唄的なものであった。ところが江戸時代中期以降と思われるが、小人数や1人乗りの小舟で内海や河川を漕ぐおり、単調さと寂しさを紛らすために、流行(はやり)唄を歌うようになった。今日「舟唄」とよばれて美しい節回しをもっている唄は、ほとんどがそれである。なお、「舟唄」と似た名称に「お船歌」と「船方節」がある。前者は船祝いの儀式唄であり、後者は船乗りの酒盛り唄であって、「舟唄」とはまったく別のものである。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

舟唄の関連キーワードホフマンの舟歌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舟唄の関連情報