大漁旗・五月幟(読み)たいりょうばた・ごがつのぼり

  • 人形・玩具

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
いちき串木野市で製作されている。大漁旗五月幟ともに1869(明治2)年からおよそ140年余りの歴史がある。新造船の祝いや端午節句の祝いとして使われる。近年、ナイロン製が主流になっているが、大漁旗・五月幟は昔ながらの木綿でつくられている。染色は伝統的な技術技法を用いておこなわれ、そのほとんどが手作業である。鹿児島県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android