コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五月幟 ゴガツノボリ

デジタル大辞泉の解説

ごがつ‐のぼり〔ゴグワツ‐〕【五月×幟】

5月5日の端午節句に、男の子の成長を祝って立てるのぼり。江戸初期から行われ、初め武者絵などを描いたが、後に鯉の滝登りの絵柄が流行、今日の鯉のぼりになった。さつきのぼり。

さつき‐のぼり【五×幟】

端午の節句に立てる鯉幟(こいのぼり)。ごがつのぼり。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

五月幟(のぼり)

古典落語の演目のひとつ。「初」「おのぼり」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごがつのぼり【五月幟】

端午の節句に、男の子の祝いとして立てる幟。江戸初期から行われ、武者絵や鯉こいの滝登りを描いて立てたものが現在の鯉のぼりになった。さつきのぼり。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五月幟
ごがつのぼり

5月5日の節供飾りとして用いる幟類。幟は細長い旗の横に乳(ち)をつけたもので、南北朝時代から軍旗の一種として武家の間に用いられたが、江戸時代初期から端午(たんご)の節供の外飾りとして、これを模したものを屋外に立て並べ、男の子の健康、出世を祝い願うようになった。戸外に柵(さく)を結い、幟のほか菖蒲冑(しょうぶかぶと)、毛槍(けやり)、薙刀(なぎなた)、吹流しなどを立てた。武家では幟に家紋を押したが、商家では家紋のほかに鶴亀(つるかめ)、宝尽し、鯉(こい)の滝上りや、鍾馗(しょうき)、金時(きんとき)などの武者絵を描いた。また商家では江戸中期から武家階級の武具飾りに対抗して鯉幟を立てた。やがて屋外の幟飾りにかわって、幟類を小形化して枠に立て、座敷内に並べ飾ることが流行してきた。種類は外飾りを模して鯉幟、鍾馗の四半旗(やや正方形に近い)、絵幟があった。枠飾りは、幟を両端にして毛槍、四半旗、毛槍を中にした五本立てのほか、七本立て、九本立てなどがある。幟飾りは内飾りだけになったが、現在も節供飾りの中心となっている。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五月幟の関連キーワード大漁旗・五月幟落語の演題延岡五月幟古典落語鹿児島県正宗白鳥岩倉市滝登り島根県宮崎県毛槍五月

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android