大漁旗(読み)タイリョウバタ

大辞林 第三版の解説

たいりょうばた【大漁旗】

大漁を祝い知らせる旗。たいりょうき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大漁旗[染織]
たいりょうばた

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
延岡市で製作されている。大漁旗は、大漁を感謝し、再び大漁を願うなど、海事にまつわる祝事のたびに船高く掲揚される。鯛・鶴・亀などのさまざまな絵模様と鮮やかな色彩で表現される。まず、柳炭で生地下絵を描き、下絵に沿って染色の際に色がにじまないように、のり置きをする。のりを乾燥させた生地にはけで手染めをおこない、水洗、乾燥した後、仕立てをして完成させる。染色は、最近ではあまり見られなくなった筒描きによりおこなわれる。のりを筒にいれて手描きする伝統的な技法で、長年の経験が必要とされる難しい作業である。宮崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいりょう‐ばた タイレフ‥【大漁旗】

〘名〙 漁船が帰港するときに、大漁だったことを知らせるために掲げる旗やのぼり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大漁旗の関連情報