水甕(読み)ミズガメ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水甕
みずがめ

短歌雑誌。初期には「すいよう」ともいった。1914年(大正3)4月、尾上柴舟(おのえさいしゅう)の主宰により創刊。岩谷莫哀(いわやばくあい)(1888―1927)、石井直三郎(1890―1936)、岡野直七郎(1896―1986)、小泉苳三(とうぞう)、松田常憲(つねのり)(1895―1958)、加藤将之(まさゆき)(1901―75)らがそれぞれ時期を異にして編集の中心となってきたが、将之没(1975)後、熊谷武至(くまがいたけし)(1907―83)が主幹となり、1983年(昭和58)より運営委員会制をとっている。初期に出隆(いでたかし)、矢野峰人(ほうじん)、日夏耿之介(ひなつこうのすけ)らの名がみえ、大正末期には風巻景次郎(かざまきけいじろう)、児山信一(こやましんいち)(1900―31)らによる研究が盛んであった。柴舟の温和な理知的歌風の影響下に、細井魚袋(ぎょたい)(1889―1962)、岡山巌(いわお)、水町京子(1891―1974)らがいた。その後の同人に、松原三夫(みつお)(1910―2004)、河合恒治(つねはる)(1911―2005)、春日真木子(かすがまきこ)(1926― )、高嶋健一(1929―2003)、井谷まさみち(1937― )などがいる。[前田 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水甕の言及

【甕】より

…ただし後者は,とくに火葬骨収納用のものをさすことが多い。【佐原 眞】
[西アジアの水甕]
 西アジアの多くの遺跡では,土器出現の初期から,彩文土器と粗製土器の共存が明らかになっている。粗製土器の大部分は,煮炊きと貯蔵に使われたようである。…

※「水甕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水甕の関連情報