大筆特書(読み)タイヒツトクショ

デジタル大辞泉の解説

たいひつ‐とくしょ【大筆特書】

[名](スル)強調して書くこと。特筆大書。「社史の中で大筆特書されるべき事柄」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいひつとくしょ【大筆特書】

( 名 ) スル
強調して書くこと。特筆大書。 「大久保甲東が紀尾井坂に濃厚な血を濺そそいだ年として、-するのであるが/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいひつ‐とくしょ【大筆特書】

〘名〙 強調して書くこと。特筆大書
※細君(1889)〈坪内逍遙〉三「斯うせい、ああせいと無理難題。それをイヤといへば、曲事也、と大筆特書した七去の定め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android