大糸掛(読み)おおいとかけ

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐いとかけ おほ‥【大糸掛】

〘名〙 イトカケガイ科の巻貝。房総半島以南から熱帯にかけて分布し、水深二〇~五〇メートルの砂底にすむ。高約六センチメートル。殻は全体に乳白色の光沢を帯び、たてに白糸をかけたように一〇本内外の肋(ろく)がある。殻の形が美しく、古くから珍重された。おおいとかけがい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android