大統領的首相(読み)だいとうりょうてきしゅしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大統領的首相
だいとうりょうてきしゅしょう

内閣総理大臣の地位を強化し,大統領に近い機能をもたせようという考え方。頻出する重用案件,機動的な対応の必要性という時代の要請を受けて,内閣における首相の地位も強力な意志決定機関としての役割が付されるようになってきた。 1986年,中曽根首相は内閣の機能強化をはかり,内閣官房を再編成し,内閣審議室を内政審議室と外政審議室に分離,さらに安全保障室を新たに設けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大統領的首相の関連情報