コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外政審議室 がいせいしんぎしつ

1件 の用語解説(外政審議室の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外政審議室
がいせいしんぎしつ

1989年に行なわれた内閣官房の機能強化に伴い設置された外交問題の調整,および首相に対する補佐機関。日本は国際関係が複雑化するにつれ,外務省など単独の省庁では対処しきれない問題を多く抱えることになった。外交の調整は,一義的には外務省が担っているが,省庁間の対立から十分な役割を果たしてこなかったとの批判があり,また首相に対する外交補佐機能の強化の必要が第二臨調などの審議会で強調されたこともあって,これが設立された。しかし,外務省および各省の抵抗も大きく,結局,各省庁レベルでは調整が不可能だった問題のみを審議室が扱うことになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

外政審議室の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成金星探査機台湾映画竹下登内閣地理教育天安門事件

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外政審議室の関連情報