コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腸黒皮症 だいちょうこくひしょうmelanosis coli

世界大百科事典 第2版の解説

だいちょうこくひしょう【大腸黒皮症 melanosis coli】

大腸メラノーシスともいう。大腸の主として粘膜固有層間質に,ときに粘膜筋板粘膜下層に,メラニン様色素が沈着して大腸粘膜の表面が豹紋(ひようもん)状,あるいは石畳状に褐色または黒褐色を呈する状態をいう。発症は欧米で100人に5人前後であるが,日本では100人に3~15人といわれ40~60歳代に多く,まれな病変ではない。ただし,とくに治療の必要はない。原因は不明であるが,便秘傾向の人に多くみられ,アントラセン系下剤の連用が本症の発現に関連があると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大腸黒皮症の関連キーワード大腸メラノーシス