コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉 あさくら

8件 の用語解説(朝倉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝倉
あさくら

福岡県中部,朝倉市南部の旧町域。筑紫平野の北東部から三郡山地の山麓に位置する。 1955年朝倉村,宮野村,大福村が合体。 1957年吉井町と杷木町の一部を編入。 1962年町制施行。 2006年甘木市,杷木町と合体して朝倉市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

朝倉
あさくら

愛媛県北部,高縄半島東測基部に広がる,今治市南部の旧村域。 1956年上朝倉村と下朝倉村が合体して朝倉村が成立。 2005年今治市,玉川町,波方町,大西町,菊間町,関前村,吉海町,宮窪町,伯方町,上浦町,大三島町と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

朝倉
あさくら

高知県中部,高知市中西部の地域。旧村域。 1942年高知市に編入。鏡川の右岸に位置し,古代から開けたため旧跡が多い。朝倉城跡は戦国時代の土佐の豪族本山梅慶の居城跡。式内社朝倉神社本殿は江戸時代初期修理の国の重要文化財

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさくら【朝倉】

福岡県中部、筑後川中流の北岸にある市。北東の山岳部には複数のダムがあり福岡市などの水源地。平野部では花卉(かき)栽培が盛ん。平成18年(2006)3月に甘木市・杷木(はき)町・朝倉町が合併して成立。人口5.6万(2010)。
斉明天皇行宮(あんぐう)が置かれた所。今の福岡県朝倉市須川とも同市山田ともいわれる。
雄略天皇の皇居のあった地。今の奈良県桜井市東部にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あさくら【朝倉】

御神楽(みかぐら)に歌う神楽歌の曲名。儀式も終りに近づき夜が明けるころに歌われる。現行の歌詞は,〈本(もと) 朝倉や 木の丸(まろ)殿にや 吾が居れば 末(すえ) 吾が居れば 名乗りをしつつや 行くは誰〉。平安末期書写の《鍋島本神楽歌》に921年(延喜21)勅定によって神楽歌に編入されたと注記がある。この歌と《其駒(そのこま)》とはもと風俗歌(ふぞくうた)であったという。一説によれば他の歌詞も伝わるが,いずれも〈朝〉の句が入り,朝になった趣をあらわしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あさくら【朝倉】

福岡県中部の市。近世、豊後街道の宿場町・市場町として発展。稲作のほか、野菜・果樹栽培が盛ん。北部の秋月は黒田氏の城下町、城跡がある。南部は斉明天皇の仮宮(朝倉橘広庭宮あさくらのたちばなのひろにわのみや、俗称朝倉宮)の伝承地。⦅歌枕⦆ 「 -や木の丸殿まろどのにわがをれば名のりをしつつ行くはたが子ぞ/新古今 雑中

あさくら【朝倉】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝倉の関連キーワード神楽歌神楽笛神楽殿賢所御神楽獅子神楽其駒夏神楽夜神楽栃木県佐野市御神楽町磯等

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝倉の関連情報