コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腿管 だいたいかんfemoral canal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大腿管
だいたいかん
femoral canal

筋肉間のすきまとまばらな結合組織によって形成される鼠径靭帯の内縁下方にある管状の構造をいう。大腿動・静脈の内側にあって,上は大腿輪と呼ばれる腹壁の弱い部分から始り,下は大腿筋膜にできる伏在裂孔という孔にいたり,皮下に通じる。大腿ヘルニアの通路となる部位である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android